論文紹介:睡眠不足の脳で活性化するArc遺伝子の役割とは?


IIISのRobert Greene客員教授、柳沢 正史機構長を中心とした、テキサス大学サウスウェスタン医学センターとの共同研究成果が、4月29日付のProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS)誌に掲載されました。

Loss of Arc attenuates the behavioral and molecular responses for sleep homeostasis in mice

Arcを欠損したマウスでは、睡眠の恒常性に関連した行動レベル・分子レベルの応答が弱まる) “論文紹介:睡眠不足の脳で活性化するArc遺伝子の役割とは?” の続きを読む

論文紹介:運動による体内時計への影響とは?


筑波大学大学院人間総合科学研究科の田中 喜晃さん(IIIS 徳山研究室所属)、佐藤 誠 教授、徳山 薫平 教授らIIISの研究チームと、広島大学、東京医科大学、城西大学、筑波国際大学との共同研究成果が、4月8日付のJournal of Applied Physiology誌に掲載されました。

Effect of single bout of exercise on clock gene expression in human leukocyte.

(単回運動がヒト白血球中の時計遺伝子発現に及ぼす影響) “論文紹介:運動による体内時計への影響とは?” の続きを読む

卒業生インタビュー・柏木 光昭さん


2019年度卒業生インタビュー、4回目は、林研究室所属の柏木 光昭さんです。2月に発表した論文のプレスリリースが「注目の研究」として約1ヶ月間筑波大学公式Webサイトのトップページを飾ったほか、博士課程での研究実績が評価され、「人間総合科学研究科長表彰」も受けた柏木さん。この4月からは博士研究員として、引き続き林研究室で研究に取り組みます。 “卒業生インタビュー・柏木 光昭さん” の続きを読む

卒業生インタビュー・パク ミンジョンさん


2019年度卒業生インタビュー、3人目は、学部4年生から柳沢・船戸研究室に在籍し、睡眠研究に取り組むパク・ミンジョンさんです。もともと神経科学に興味があり、アカデミアで活躍する研究者を目指して韓国から留学したパクさんは、この春修士課程を修了し、博士課程へと進学します。パクさんの修士論文は、フロンティア医科学専攻(現 フロンティア医科学 学位プログラム)の優秀論文賞にも選ばれました。 “卒業生インタビュー・パク ミンジョンさん” の続きを読む