「薬」を「創る」ひと。創薬に捧げる人生。長瀬博教授スペシャルインタビュー


創薬研究はまさに「薬を創る」研究だ。研究にかかる時間は10年単位、必要な分野は非常に多岐にわたる。これまでに抗血栓薬「ドルナー」とそう痒症改善薬「ナルフラフィン」と薬を世に出し、更に現在も睡眠障害の治療薬と3つ目の創薬に取り組む長瀬博教授。この研究の醍醐味や、日本の創薬研究が抱える課題、次なる挑戦についてお話を聞きました。

“「薬」を「創る」ひと。創薬に捧げる人生。長瀬博教授スペシャルインタビュー” の続きを読む