IIISアート作品紹介「Dorveille」焼き物だからこそ表現できることがある~齋藤敏寿さん~


IIISには全部で6種類の芸術作品が展示されています。今日は、そのひとつである「Dorveille」をご紹介します。この作品では、何やら短い棒のようなものが雑然と並べられていますが、いったい何を意味しているのでしょうか。作品を手がけた、陶芸を専門とする齋藤敏寿さん(筑波大学芸術系准教授)は「誰もが一度は経験したことのある感覚をかたちにした」と語ります。 “IIISアート作品紹介「Dorveille」焼き物だからこそ表現できることがある~齋藤敏寿さん~” の続きを読む