【番外編】IIISアート作品紹介「Dorveille」:焼き物だからこそ表現できることがある ~齋藤敏寿さん~


IIIS研究棟の外構に設置された焼き物の作品〈archetype00021〉

前回の記事では、眠りに入る瞬間の顕在意識と潜在意識のはざまの時間をテーマにした「Dorveille」を紹介しました。哲学的とも言えるこの作品をつくったのは齋藤敏寿さん(筑波大学芸術系准教授)です。

齋藤さんは、陶による造形の独自性とは何かと、コミュニケーションツールとなる作陶を活用した教育プログラムの構築について研究をしています。なぜ焼き物を使った芸術表現にこだわるのか、お話を伺いました。 “【番外編】IIISアート作品紹介「Dorveille」:焼き物だからこそ表現できることがある ~齋藤敏寿さん~” の続きを読む

IIISアート作品紹介「Dorveille」焼き物だからこそ表現できることがある~齋藤敏寿さん~


IIISには全部で6種類の芸術作品が展示されています。今日は、そのひとつである「Dorveille」をご紹介します。この作品では、何やら短い棒のようなものが雑然と並べられていますが、いったい何を意味しているのでしょうか。作品を手がけた、陶芸を専門とする齋藤敏寿さん(筑波大学芸術系准教授)は「誰もが一度は経験したことのある感覚をかたちにした」と語ります。 “IIISアート作品紹介「Dorveille」焼き物だからこそ表現できることがある~齋藤敏寿さん~” の続きを読む

林悠准教授インタビュー
「睡眠とはこのためにあったのか」と、誰もが納得する答えをだしていきたい -後編-


平成29年度文部科学省大臣表彰・若手科学者賞を受賞した林悠准教授。なぜ、彼は若くして大きな成果を残せているのでしょうか。「生物オタク」だった子どものころの話から研究者として活躍し始めるまでの話を聞きながら、その秘密を探りました。そこには、キャリアに固執せず、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という思いで研究に打ち込む姿勢がありました。前編に続き、インタビュー後編です。 林悠准教授インタビュー
「睡眠とはこのためにあったのか」と、誰もが納得する答えをだしていきたい -後編-” の
続きを読む