卒業生インタビュー・富永拡さん


筑波大学大学院フロンティア医科学専攻の富永拡さん。彼は、ナルコレプシーという睡眠障害の治療薬の開発に挑戦し、創薬につながる大きな手がかりを発見しました。その成果は学内でも高く評価され、優秀発表賞を獲得するほど。それでも彼は「賞よりも3人の連名で論文を出せたことが一番嬉しい」と語ります。現在投稿中の論文の著者が彼1人ではなく「3人の“Co”-First Author」であることが何よりも嬉しいというのです。 “卒業生インタビュー・富永拡さん” の続きを読む